糖尿病になる良くない食べ物

炭水化物、糖分、脂質の量をバランス良く、規則正しく

糖尿病になる良くないため物をご紹介します。

 

現代では、糖尿病になってしまう人が中年に限らず
幅広い世代で増えていますが、普段の食事が
大きく関係していますよね。

 

食事以外には、下記のような原因が考えられますが、この記事では、
食事についてフォーカスします。

 

運動不足などの生活習慣の乱れ
慢性的な睡眠不足

 

もし糖尿病を診断されることが有った場合、忘れずにこの記事を
思い出して下さい。また、下記の食には気をつけて下さい。

 

摂り過ぎないよう注意したい代表的なものは、下記3点でしょうか。

 

@炭水化物

ご飯、麺類やパン類などの小麦粉で作られる
炭水化物は糖質を多く含んでいます。

 

これを、多く摂り過ぎると糖質過多となりなります。

 

A糖分の多いもの

糖質の多いケーキやチョコレート、バナナなどの甘いもの、
又は炭酸飲料や野菜ジュースなど

 

こういった甘い飲料水の代わりに、お水や緑茶などを
飲むようにして下さい。

 

B加工食品の類

佃煮類、味付け缶詰、練り製品、ドライフルーツ、駄菓子など

 

それ以外

他、下記も含まれます。

 

肉類  味付け缶詰め

 

野菜類   レンコン、カボチャ、ソラマメ、トウモロコシ、
     くわい、ニンジン(控えめ)、ユリ根、甘い煮付けの漬物

 

豆類    きな粉、小豆、大豆(いり豆)、インゲン豆
     (うずら豆、金時豆等)

 

イモ類     サツマイモ、里芋、山芋、ジャガイモ、マロニー、
       くず粉、春雨、くずきり、コーンスターチ、片栗粉

 

穀類    米(ご飯、餅)、蕎麦、小麦(麺類、パン類、
      餃子の皮、小麦粉)、ビーフン、コーンフレーク

 

種実類   銀杏、くり、蓮の実、とちの実、ピーナッツバター

 

藻類    佃煮類

 

果実類   イチゴ、リンゴ、夏みかん、琵琶、アボカド
     (※果実全般はなるべく控えめに)、フルーツ缶詰め、
      ドライフルーツ、ジュース類

 

乳製品   牛乳、加糖ヨーグルト

 

調味料   甘味噌(白味噌)、ケチャップ、コンソメ、
       オイスターソース、ウスターソース、
       とんかつソース、チリソース、焼肉ダレ、
       ポン酢、顆粒風味調味料、カレー・
       ハヤシ・シチューのルー、酒粕、蜂蜜、砂糖

 

嗜好飲料  ビール、発泡酒、清酒、
       ワイン(赤ワインは控えめなら良い)、白酒、梅酒

 

菓子類   砂糖を含む菓子、米菓子、スナック類

 

清涼飲料水 スポーツ飲料など

 

 

バランスよい食事をしましょう

皆さんご存知だと思いますが、、「食事にはバランスが大事」ですので、
「良くない食べ物だから」と、完全に食べることを
やめると、栄養が摂れなくなる可能性もあります。

 

重要なのは下記3点ですので、その点に注意して献立等に
注意して下さい。

 

@適切なエネルギー量

(適正の体重を維持できる量を食べること)

 

A栄養のバランス

(炭水化物、タンパク質、脂質をバランスよく摂取。
また、ビタミン、ミネラル、食物繊維の過不足に注意)

 

B規則的な食事

(血糖値の変動を少なくするために、1日3回の食事を
均等に分けて、食事の時刻が大幅に変わらないように
して下さい。)

 

全く食べないで我慢を続けていても、その代わりに
ストレスを貯めてしまうのも良くないです。

 

糖尿病は、ストレスがきっかけにもなります。
そのストレスが原因で、ドカ食いなんてしては、心にも体にもよくありません。

 

食事に気をつけなければなりませんが、それと同時に、
普段からストレスを溜めないように適度に運動や遊びなどで
発散するように心がけましょう。