ラーメンが糖尿病の原因

麺は炭水化物なので、食べる順番に注意

糖尿病の原因がラーメン、と聞くとどう思いますか?

 

ラーメンが好きな方は、多いのではないでしょうか。
逆に、嫌いな方ってなかなか居ませんよね。

 

昔は男性が食べるイメージが強く、女性は少なかったのですが、
最近は店の清潔感も上がったこともあり、女性一人でも入店しやすくなりました。

 

国民食とも言えるラーメンには「糖尿病」になるリスクが隠れていて、
血糖値・血糖値・ヘモグロビンa1cを上げる食品の一つです。

 

スープは高血圧等の病の原因にも

糖尿病の原因といえば「甘い食品」と思いますよね。
しかし、甘い食品だけでなく「炭水化物」の過剰摂取が原因になります。

 

ラーメン・麺の主成分は「炭水化物」で、スープには油や塩分も
とても多く含まれています。

 

よくラーメンのスープをすべて飲み干す方もいますが、
血糖値が上昇するだけでなく、塩分の過剰摂取にもつながってしまいます。

 

結果、高血圧や高脂血症などの生活習慣病を、引き起こす危険性があります。

 

食べる際にはこんな工夫を

ラーメンをよく食べる貴方へのアドバイスですが、
まずは野菜を先に食べて下さい。

 

また、麺を最後にすることで、血糖値の上昇が
緩やかになるはず
ですので、順番に気をつけてみて下さい。

 

仕事の後や飲んだ後のラーメンはたしかに美味しいので、
その気持ちはとても良く分かるのですが、深夜の食事や過食は
とにかくやめたほうが良いです。

 

ラーメン自体も良くないのかもしれませんが、特に忙しく働く
会社員の方たちには、深夜や夜食に食べることが多いと思いますので、
まずはこれを避けるべきだと思います。

 

食事制限やサプリメントについては下記記事をご参考にしてください。

 

血糖値・ヘモグロビンa1cを下げるサプリメントや機能性食品
糖尿病の予防に効果的な甘いジュース?
よく噛んで血糖値を下げる

 

運動については下記へ
糖尿病の予防や改善に効く運動ってなんだろう?