よく噛んで血糖値・ヘモグロビンa1cを下げる

回数を増やすと良いことずくめ

よく噛んで血糖値を下げることが出来ます。
よく噛むと消化を助けて便秘の解消、ダイエットなど他にも
色々な効果が期待できます。

 

こんなに良い効果があり

 

咀嚼することの重要性を、箇条書きで並べてみます。

 

@回数を噛むことで、食べ過ぎを防ぐことが可能。

理由:(よく噛むことで満腹中枢が刺激され、満腹感を感じます。
そして、2型糖尿病や肥満の予防と改善が可能。)

 

上記は、肥満を抱えている方にはよく知られていますが、
これが癖にならないと、なかなか出来ないものですよね。
ですので普段の食事の際から、回数を噛むことを習慣づけたいですよね。

 

記事題名にも書きましたが、満腹中枢が刺激され、満腹感を感じることは
下記にも効果があります。

 

ダイエット
便秘改善
小顔効果

(噛みすぎると筋肉がついて逆効果も有りえますので、注意です。)

 

因みに、噛む回数の目安として「30回」という数字がよく聞かれます。

 

これだけの回数を噛もうとすると、食事に時間を掛けないと出来ませんよね。
特に外食の際なんて、なかなか難しくも感じます。

 

Aよく噛むと虫歯や歯周病を予防します。

理由:(唾液が分泌され、これが口内の細菌を流します)

 

B消化吸収を助ける

理由:(唾液に含まれるアミラーゼという消化酵素がデンプンを分解し、
消化吸収を促します。)

 

ここまで箇条書きで理由を上げてみましたが、噛む回数を増やすと
良いことばかりですよね。慣れるまでは面倒ですが、日々心がけて
健康に慣れればいいと思います。