糖尿病・血糖値に効果的な甘いジュース

りんごジュースと野菜ジュースがオススメ

血糖値を下げる甘いジュースはりんご

 

糖尿病の予防に効果的な甘いジュースがあります。
それは野菜ジュースりんごジュースです。

 

もちろん、こういったジュースはスーパーやコンビニで販売されている
甘味料や砂糖が大量に含まれたものでなく、お店で生でを購入して
ミキサー等で、ご自分で作る新鮮なジュースのことです。

 

まあ、野菜ジュースにについては「甘い」ってほどは
甘くないですが。

 

下記では、血糖値を下げる飲料として緑茶を紹介しています。
>>緑茶で血糖値を下げる

 

りんごは、糖質が多くないので最適

りんご
果物も体には良いのですが、果物のジュースなら、
なんでも良いわけではなく、糖質の多いものは
避ける必要があり、食べ過ぎも注意です。

 

成分は

その点、りんご(1/2個が目安です)は糖質が多くなく、
いい成分が含まれています。含まれる主な成分は下記。

 

ビタミンC

(お肌にも風の予防にも効きます)
ペクチン
(水溶性の食物繊維は整腸効果があります)
カリウム
(塩分を排泄してくれます)

 

野菜ジュースも効果的

ところで、血糖値の上昇を抑えるには、野菜を多く
食べることが効果的で、厚生労働省によると
下記が1日の摂取量の目安とされています。

 

野菜350g以上、

特に緑黄色野菜を120g以上

 

しかし、それだけの野菜を毎日食べることは、
現実的にかなり困難です。もともと野菜好きの自分には
上記の目安量は問題ないんですが、特に野菜嫌いの貴方には
拷問でしょう。

 

その点、野菜ジュースなら無理なく、必要な成分を
摂取することが出来ます。

 

ミキサーにかけた際に失われる成分もありますし、
(スロージュサーならその心配もなく、しかも美味しいのですが、
なんせこの機械は高いです。)

 

クビンス低速ジューサー

 

野菜ジュースに加えて、実際の野菜も普段から
大目に食べるように心がければ、必要な量をとるのは、
そんなに難しくないと思います。

 

また、野菜ジュースを飲むタイミングも重要です。
食事の前に200ml程度の野菜ジュースを飲むと、
食後の血糖値の上昇を抑えられるとのデータもありますので、
挑戦してみてくださいね。

 

まとめ

糖尿病を予防するには、毎日の食生活の改善が絶対不可欠で、
毎日続けるには、無理の無い方法がベストになります。

 

短期間なら頑張って野菜を食べ続けることも
可能だと思いますが、長期間続けることは
現代の一般的な食事環境では不可能に近いでしょう。

 

ただし、野菜ジュースだけで完全に必要な
成分が摂取出来ているとは、考えないほうが良いです。